問われる思考力を攻略するには基礎の理解を完璧にする事が鍵となる

小学校で習う算数と比較して難易度が高いとされている中学入試の算数ですが、

これは問われている力の違いからくるイメージだと言えます。

実生活で必要な計算や公式などの基礎力を鍛える小学校の算数に対し、

中学入試の算数ではこれらの基礎をいくつも組み合わせて回答を導き出す思考力を等問題が多く出題されます。

実際に、記述式の回答欄を採用する学校の多くは最終的な回答が不正解でも途中式などに部分点が配点され、

過程を重要視している事が分かります。

思考力を身につけるために指導において重要となるのは、基礎を徹底的に理解させる事です。

公式を例に挙げた場合、何と無く公式を暗記させるのではなく、公式によって何が求められるのか、

公式を用いる事でどの部分の計算が省略できるのかなどを丁寧に解説し、

理解させる事で初めて生徒があらゆる設問に対して公式を道具として使う事が可能になります。

また、問題文から何が問われているかを正確に把握し、立式する力を鍛える為には、

解法を式だけでなく文字や図を用いつつ分かりやすい言葉で繰り返し解説する必要があります。

生徒が陥りがちな「分かったつもり」を潰していき、

最終的に生徒が自分で説明できる様になる事が指導の目標と言えます。

苦手意識を持つ生徒が多い算数ですが、

一度身に付けてしまえば安定して得点を稼ぐ事ができるので他の受験生と差をつける強力な武器になる為、

教えがいのある科目です。