塾講師の腕の見せ所

中学受験をしたいけれど算数が特に苦手という生徒は多いです。

小学校の算数の授業で習う内容を超えた問題が出題されるため、中学受験の算数は難しく、

算数が苦手な生徒を合格レベルに持っていくのは一見とてもハードルが高いです。

しかし塾講師の導き方次第では、算数の苦手意識を取り除くことに尽力すれば、

ぐっと点数を上げることが可能な科目でもあるので、塾講師の腕の見せ所とも言えます。

小学生は九九を暗記する2年生頃から算数に苦手意識を持つ子供が徐々に増えるので、

個々の生徒がどの部分でわからなくなって苦手意識を持っているのかを少し遡って突き止めるようにします。

小学校の算数の問題を数多くこなす中で、生徒と一緒にじっくり問題に取り組み解答を導き出し、

生徒が自分で解いたという成功体験を積み重ねて、少しずつ苦手意識を払拭していくことが必要です。

中学受験の算数に特化した問題集や志望校の過去問題集を解く時も、生徒一人ずつ苦手な部分は異なるため、

じっくりと説明に時間をかけ、最後は自分で解答を導いたと自信を持たせるのです。

正解率が高くなるに従い問題を解くのが面白くなってくるので、

算数が苦手から得意に逆転することも珍しくありません。